일문_줄기세포지방이식_0

脂肪幹細胞移植とは?

自分脂肪組織まれている幹細胞皮膚移植する治療法です。老化により弾力ったくし、くすんだ皮膚のトーン改善するのに役立ちます。脂肪幹細胞は、脂肪組織に存在する幹細胞で、さまざまな種類の成長因子とコラーゲン、ヒアルロン酸などの細胞外基質タンパク質(ECM)を豊富に分泌する細胞です。皮膚の改善、傷の治療、脂肪移植など、再生医療分野全般にわたって助けとなるのが特徴です。

[/vc_column_text]

幹細胞とは?

一般的な組織細胞は、定められた細胞以外の他の細胞への分化はできません。しかし、幹細胞は細胞が位置する環境の影響を受けて、適切な信号が与えられると、様々な細胞に分化する能力を持つようになります。

これらの主な任務は、損傷した組織を置き換えて復旧することにあります。実際に人体でも地道に新しい細胞に置き換えられる血液や皮膚のような場合、これらの組織や器官に存在する幹細胞がこの役割を担います。この中でも皮膚科的適用には、私たちの体に豊富な脂肪組織から採取した脂肪幹細胞が最も多く使われています。

脂肪幹細胞移植の特徴

1.根本的な肌の改善

    • 成体細胞の根幹となる幹細胞を入れて、根本的な肌の改善に役立てます。移植された脂肪幹細胞は様々な成長因子及び細胞外基質成分を生成するため、皮下移植後、周辺組織への生着能力に優れ、肌の改善効果(美白、弾力増加)があります。脂肪組織と一緒に移植した時、生着率を改善し、体積を増やして肌の改善効果をさらに高めます。

2.安全です

    • 自分の脂肪組織の幹細胞を注射するため、免疫反応や副作用の心配がありません。

3.簡単です

    • 比較的簡単で便利な方法で多量な採取が可能です。腹部、太ももの脂肪を採取して、脂肪のボリュームを減らし、これを利用して皮膚に注入し改善することにより、一石二鳥の効果があります。

脂肪幹細胞移植施術の対象

일문_줄기세포지방이식_02

脂肪幹細胞移植の施術過程

Step1.局所麻酔を通した脂肪採取

Step2.採取した脂肪組織から成体脂肪幹細胞の遠心分離及び細胞処理

Step3.品質管理(無菌、エンドトキシン、細胞数の測定試験)

Step4.脂肪幹細胞移植