일문_피부질환_0

皮膚疾患の種類

일문_피부질환_04

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎の発症原因は、環境的な要因と遺伝的な素因、免疫学的反応及び皮膚保護膜の異常などが主な原因とされています。環境的な要因としては、産業化による煤煙などの環境汚染、食品添加物使用の増加、西欧式住居形態によるカーペット、ベッド、ソファ使用の増加、室内温度上昇によるハウスダスト、ダニなどのアレルギーを引き起こす物質(アレルゲン)の増加などがあります。

 

  • 症状

肌が乾燥してひどくかゆく赤くなります。毛穴角化症、湿疹、かさぶたが生じ、粟のようなものが出たり水疱が出来たりします。ひどいと皮膚が厚くなり着色します。

  • 治療方法

患者の状態に応じてステロイド軟膏、副腎皮質ホルモン剤の投与、かゆみがひどい場合には抗ヒスタミン剤で治療し、その他に紫外線治療、免疫抑制剤のCyclosprinなどを施行します。

乾燥肌の場合、保湿剤を地道に塗らなければならず、気温や湿度の調節、食事療法を並行します。花粉、ハウスダスト、動物の毛などのアレルギーを引き起こす可能性がある要因を遮断します。

脂漏性皮膚炎

長期間持続する湿疹の一種で、非常に良くある皮膚疾患です。主に皮脂腺の活動が増加して皮脂の分泌が盛んな頭皮と顔、その中でも眉毛、鼻、唇の周り、耳、脇の下、胸、鼠径部などに発生する慢性炎症性皮膚疾患です。

 

  • 症状

朝起きた時に顔に油分が多いのに、洗顔をすると眉毛や鼻の周りの皮膚に角質が出てかゆみが感じられます。脂分がある黄色のうろこが特徴です。頭皮にはフケが発生します。

  • 治療 

油分の多い化粧品、刺激的な石鹸などの使用を避けます。ステロイド剤を用いて治療することができ、頭皮に発生した場合、週1回程度来院して頭皮薬物治療を受けるのが効果的です。

じんましん

皮膚や粘膜に存在する血管の透過性(物質の分子の通過や侵入を許容する性質)が増加し、一時的に血漿成分が組織内に蓄積され、皮膚が赤または白に腫れて激しいかゆみを伴う皮膚疾患です。期間に応じて急性と慢性じんましんに分け、6週間以上続く場合、慢性じんましんとして定義します。

 

  • 治療

まずはかゆみは、抗ヒスタミン薬を使用して治療します。再発防止のためには、じんましんを誘発する食品、薬剤、ハウスダスト、ダニ、花粉、動物の毛などの誘発要因を探して遮断する必要があります。

水虫

水虫は、皮膚の最も外側の層である角質層、手の爪、足の爪、毛髪などにカビ菌が感染して発生する病気です。カビ菌は湿った環境を好むので、汗が溜まりやすい足に最もよく発生します。

 

  • 症状

足の指の間に発生する指間型、足の裏と足の指の間に小さな水疱が生じる小水泡型、足の裏の角質層が厚くなる過角化型があります。足の爪、手の爪に水虫が生じ、初期には爪が厚くなって角化が発生し、時間が経過すると、爪が砕けて形が変形し痛みが伴います。

  • 治療

炎症及び2次感染がある場合、抗生物質と抗炎症剤で1次治療後に抗真菌剤で治療します。この時、抗炎症剤は間違って使用すると、病変を悪化させることがありますので、必ず医師の処方の下で使用する必要があります。抗真菌剤の治療は、1ヵ月以上治療しなければなりません。1週間程度治療した後、症状が好転しているように見えても、カビ菌の胞子は皮膚の奥深くにあるため、治療を中断すると、すぐに再発します。足の爪の水虫の場合、より長期間の治療が必要です。

魚の目

手と足などの皮膚が刺激を継続的に受けて小さな部位に角質が増殖し、円錐形に皮膚に埋め込まれているものを言います。病変の最も密集した部位に中心核があり、押すと痛みが感じられます。圧力が加わると身体部位のどこにでも発生可能ですが、手と足によく出来、魚の目の上部を削ると、病変の最も密集した部位から核が表われます。

 

  • 治療

CO2レーザー及び冷凍治療をします。治療後も刺激が繰り返されれば再発する恐れがありますので、その部位に刺激が行かないように管理する必要があります。

いぼ

皮膚または粘膜にヒト乳頭腫ウイルス(human papilloma virus、HPV)の感染が発生し、表皮に過度な増殖が起きて、臨床的には表面がでこぼこした丘疹(1cm未満のサイズで、肌が膨らんだもの)として表われます。どの部位の皮膚にも発生する可能性がありますが、露出部位の手、足、脚、顔などに主に発生し、性接触を通して性器にも発生する可能性があります。

 

  • 治療

タイプ及び部位に応じて冷凍療法、CO2レーザー、抗ウィルス注射などで治療します。

汗管瘤

汗管瘤は、エクリン汗腺の分泌管に起因すると知られている一般的な良性腫瘍の一つです。通常、思春期以降の女性によく発生し、東洋人により一般的です。

皮膚の上に隆起した1〜3mm程度の大きさの肌色または紅褐色の丘疹型として表われ、目の周り、頬、額に発生し、その他の顔の部位や首にも発生してまれには胴体、生殖器及び四肢に発生する可能性があります。

  • 治療

CO2レーザー、エルビウムヤグレーザーなどを利用して治療します。

周辺に出た病変と合わさる特徴があり、自然に消えることがなく、サイズが大きくなると治療がより困難で傷跡が残ることがありますので、迅速な治療が必要です。

稗粒腫

皮膚の浅い部位に位置する1mm内外の大きさが小さい白または黄色の球状のポケットで、中には角質が詰まっています。顔面、特にまぶたと目の下の頬によく発生し、自然に発生したり、皮膚の損傷を受けた所に2次的に発生することもあります。

 

  • 治療

汗管瘤より肌の浅いところ(上部真皮層)にあるため、治療がより簡単です。CO2レーザー、エルビウムヤグレーザーなどを利用して治療します。

自宅で手で絞ったり針で潰した場合、中の内容物の排出がうまくできなかったり、皮膚感染したり傷跡が残るなどの問題があるため、病院を訪問して治療を受けるのが良いです。

単純ヘルペス

DNAウイルスのヘルペスウイルス(herpes simplex virus)感染によって発生し、小さな水疱が1、2ヵ所、大小に集まって発生する疾患です。口の周り、鼻の周り、性器などに主に発生し、疲れた時に唇に生じる水疱も単純ヘルペスです。

 

  • 治療

一般的な治療は、抗ウイルス剤のアシクロビル(acyclovir)を局所的に塗布したり、口から服用または静脈内注射で投与します。そのほかにバラシクロビル(valacyclovir)、ファムシクロビル(famciclovir)などが使用されます。細菌による2次感染時には、抗生物質の軟膏が役立ちます。

帯状疱疹

水痘-帯状疱疹ウイルスは通常、小児期に水痘を起こした後、体の中に潜伏状態で存在して、再び活性化されて発生する病気です。若い人もはまれに表われますが、通常は免疫力が落ちる60歳以上の成人に主に発症します。ほとんどの場合、病的な症状は皮膚に限定的に表われますが、免疫力が大きく落ちている患者では、全身に広がって死亡に至ることもあります。

 

  • 症状及び合併症 – 症状:一般的に痛みを伴う水疱性発疹が体や顔の片側部分から始まります。発熱、頭痛、悪寒、胃のむかつきなどの症状が表れる

– 合併症:帯状疱疹後に神経痛(PHN)、視覚障害、細菌重複感染、運動神経麻痺、傷跡

– 兆候:発疹発生の数日前から発疹が起こる皮膚の周りが痒くなり、ヒリヒリしたり痛みが発生

帯状疱疹ワクチン

일문_피부질환_07
  • 帯状疱疹は伝染するか?

帯状疱疹を発症したことがある健康な人からまれに再発する場合があります。

 

  • 帯状疱疹は再発することがありますか?

水痘を経験した人は、帯状疱疹の感染の可能性がありませんが、幼子のように水痘を経験したことがない人の場合、感染することがあるため注意が必要です。水泡がはじける時に出る液体を通して水痘が感染する場合があるからです。帯状疱疹感染者に接触した場合は、医療スタッフと相談して下さい。