일문_시크릿_01

クルレーザーRF高周波治療とは、

マイクロニードルを利用して皮膚の下に直接RF高周波を伝えるフラクショノルアンチエイジング治療です。 肌の再生を通じて広くなった毛穴の縮小、にきび、にきび傷跡、弾力、リフティングなどに効果があります。

クルレーザーRF高周波治療の特徴

  1. 広くなった毛穴の縮小、にきび、にきび傷跡の治療。肌の弾力、微細シワ改善に効果的
  2. 皮脂の過剰分泌の改善
  3. 絶縁針治療(小林)を通じて炎症性ニキビの改善及び再発防止効果
  4. 多汗症治療効果
  5. 手術後、回復期間が短く、痛みが少ないために日常生活に差し支えない
  • 手術周期&手術回数:一般的に4週間の間隔で3~5回の手術をすすめる
  • 手術の時は肌の厚さや傷跡治療時の治療の深さによって、手術回数が増減します

クルレーザーRF高周波治療の原理

  1. ある真皮と表皮にRF高周波を均一に照射
  2. コラーゲンとエラスチンを刺激し、肌の再生を促進
  3. 肌の周期(28日)による肌の再生
  • Radio Frequency(高周波)を利用しコラーゲンを生成させ、肌の弾力性が向上します
  • 高周波が反射や散乱なく真皮&皮下脂肪層まで届き、それぞれの部位で大きな効果が得られます
  • 痛みが少なくボトックスでも難しかった深いシワに効果的です
  • 従来のレーザー治療に比べて色素沈着の心配がありません
중문_시크릿_02

クルレーザーRF高周波治療を利用したにきび治療

  1. 原理
  • 1Pinニードルを利用してニキビができる特定部位を集中的に施術する方法
  1. 治療方法
  • トラブルの原因となる、皮脂腺(イズミ)に直接調査して凝固させます。

施術時間が短く急速であり、痛みが少なく、負担がないのが特徴です。 反復的に同じ位置に生じるトゥロブルだけを集中攻略して治療して、日常生活に差し支えがないです。

중문_시크릿_03

クルレーザーRF高周波治療注意事項

  1. 施術 の前
  • 金属アレルギーがある場合、施術を避けます
  • 場合によっては、皮脂がつまって小さな綿布が発生することができます

 

2.  施術の後

  • 施術を受けた後6時間程度以内に赤気味が消えるが、個人によって症状に差があり1~2日程度紅斑、腫れがつづくことがあります 。
  • 当日、洗顔を禁じ、赤気味が沈んだ後に簡単な化粧が可能です。
  • 肌の回復に向け、保湿クリームと再生のクリームを持続的に塗ってください。
  • たまに微細なかさぶたが発生しても、わざわざ除去しないで自然と脱落されるようにしてください。
  • 紫外線による色素沈着が発生することがあるので、紫外線遮断剤を必ず使用してください。
  • 施術後、一週間ほど水泳、サウナ、激しい運動は避けたほうがいいです。
  • 洗顔際、熱い水を使用したり、顔を過度に揉めないようにします
중문_시크릿_04