일문_PDT_0

PDT治療とは?

皮脂腺の破壊でにきびの根本原因遮断

PDTはPhoto Dynamic Theraphyの略字で、皮脂腺にのみ選択的に吸収されるALAという成分の光過敏剤を皮膚の中に浸透させた後、光過敏剤が反応する波長の光線やレーザーを照らし、皮脂腺を破壊してにきび菌を殺菌させる治療法です。

にきびの根本原因を遮断するために、治療効果が高く、長期間維持されます。

PDT治療の特徴

皮脂分泌の減少

にきび菌の殺菌 厚い各角質層除去

炎症の減少

일문_PDT_04

施術対象

일문_PDT_07

より効果的なにきび治療をしたい方

にきび抗生物質に耐性が生じた方

にきび薬を服用することができない方

留学生、受験生など、にきび治療のために定期的な来院ができない方


HUS-HUPDT種類

일문_PDT_09

1.Mild PDT(methyl ALA)

光過敏剤を従来のALA(レブラン)より発展したmethyl ALAを使用し、皮脂腺により浸透して、にきび治療効果により優れています。また、上皮細胞成長因子(EGF)が含有されて、損傷した皮膚を迅速に再生させ、既存のALA PDT治療に比べて体内分解速度が早く、治療時間が短縮されます。

通常3〜4週間の間隔で2〜3回程度、治療します。

 

2.ソフトPDT

治療後、日光を遮断する過程が必要なく、すぐに日常生活が可能です。

他の治療と並行時、効果を高めることができます。

通常2週間隔で、3〜5回程度治療します。

 

3.レーザーPDT(ブイビームPDT)

光過敏剤を従来のALAより発展したメチルALAを使用し、皮脂腺に浸透した後、プイビームレーザーを照射して、にきびとにきび跡の赤みを同時に改善し、コラーゲンを再生させる治療

 

にきび菌の除去、皮脂分泌の減少、毛穴縮小、角質除去などの効果で、従来のPDTよりにきび治療効果がより長く続き、にきび跡や色素沈着を一緒に並行治療することができます。

 

レーザーの強力な光線で、1回治療時のにきび好転率は50〜60%、3回治療時は90%以上の治療効果 があります。

にきびにお悩みの方以外にも、皮脂の分泌が多くててかてかしたり、毛穴が広い皮膚などにも効果的です。