일문_오타모반_0

太田母斑とは?

太田母斑の太田は、罹病を1939年に初めて報告した日本の太田博士と谷野の名前から取ったもので、母斑はほくろという意味です。

メラニン細胞は表皮真皮にあるのが通常ですが、メラニン細胞場所である表皮基底層よりも真皮層じるのが太田母斑です。

太田母斑は、先天的に片側に発生する形態と後天的に両側に発生する形態に分かれます。

先天的な場合、ほくろ細胞は皮膚深く分布して徐々に表面に移動するので、主に思春期以降に発見されます。正確な原因は分かりませんが、顔の筋肉と感覚を調節する神経が胎児に発生する時、異常が生じて現れると推測するだけです。後天性両側性太田母斑の場合は、主に思春期以降、女性に現れ始める場合が多く、シミと混同される場合があります。

太田母斑の治療方法

ー治

太田母斑は、早期治療れば治療期間短縮され、治療結果れています。

太田母斑は、紫外線、ホルモン、疲労、季節の変化などの影響を受け、年齢と共に徐々に濃くなります。また、メラニン細胞の分布も成人はより深いので、大人の治療効果は小児より小さいです。また、色素脱失のような副作用も大人が小児よりも発生確率が高くなります。

太田母斑自然消失せず、治療しなければ一生くので、適切治療時期及び治療方法必要です。過去には外科的手術や剥皮、冷凍治療などで治療しましたが、傷跡をかなり残す欠点があり、最近では使用しません。現在は、メラニン細胞だけを選択破壊して周辺の正常組織には損傷を与えず、太田母斑を副作用なしに治すことができるQスイッチレーザーのNd:YAGレーザーやフォトナレーザートーニング、ジェントルマックスレーザーを用いて治療します。

일문_오타모반_04
일문_오타모반_07
일문_점_09