일문_점_0

ほくろとは?

通常、ほくろと言えば、肌に色素が沈着するものを言います。医学的な意味でほくろは「母斑細胞性母斑」と言いますが、母斑細胞というほくろ細胞が集まって形成されたものを意味します。明確に明らかになってはいませんが、色素形成細胞のメラニン細胞の発生学的異常や遺伝的な要素によって発生するものと推定されています。ほくろは、他の疾患とは異なり除去が困難です。また、ほくろ除去時に周辺の皮膚組織に損傷を与える場合がありますので、ほくろさと形態、発病原因などにより、ほくろの除去方法にすることが重要で、必ず専門家と相談し診断を通して除去することが望ましいです。

ほくろの治療方法

ほくろの除去は、レーザーを用いて治療します。主にフォトナレーザートーニング、eCo2レーザー、エルビウムヤグレーザーを利用します。

ほくろ除去の再手術時には、肌が再生する時間が必要です。治療の深さと肌の状態に応じて異なる場合がありますが、一般的に4週〜6ヵ月後に再手術をします。1〜2ヵ月経ってもほくろが残っていれば、それはほくろが深いか、ほくろ細胞が再び成長する場合、またはメラニン細胞の炎症後の沈着なので、2次手術で除去します。深いほくろの場合は、無理に一度で取るよりも何回かに分けて肌の刺激を最小化し、手術することをお勧めします。

일문_점_04
일문_점_09
일문_점_07

ほくろの治療方法

ほくろの治療法としては、ほくろの原因になる点状の細胞を取り除く必要があり、形やほくろができた場所、発生した時期により、治療方法が異なります。細胞を取り除く方法として、電気焼灼術、皮膚剥離術、冷凍療法、レーザー治療、外科的手術療法等に分けられます。小さなほくろの治療としては、細胞だけを取り除き、周辺組織には損傷を与えず、傷跡が残りにくいエンディヤグレーザー、二酸化炭素レーザーが治療に多く用いられています。しかしほくろの深さや大きさによって数回に分けてレーザー治療が必要な場合もあり、ほくろがとても大きかったり、先天的な場合は、外科的手術療法によりほくろを取り除きます。

ほくろ除去施術

ほくろ除去施術の際、肌が再生化する時間が必要です。深さと皮膚の状態によって変わることがありますが、一般的に4~6ヵ月後に再施術をします。1~2ヶ月経った後もほくろが残っている場合は、ほくろが深かったり、細胞が再び成長した状態、またはメラニン細胞の炎症後に沈着したもののため、2回目の施術で再度取り除き、深いほくろの場合、無理に一度に取り除くより、数回に分けて肌に加わる刺激を最小化させる必要があります。

術後のケア

レーザーを用いた場合、家に帰った後ほくろを取り除いた部位の瘡蓋が取れないよう、気をつけなければなりません。この瘡蓋は、肌を保護する役割を果たすため、できる限り長く取れないようにすることで、肌の再生に役立ちます。